上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゆるいです…本当にゆるいです…。

初めてトライしようと(生後5ヶ月)、ふと思い立ってまずはお風呂場へ。
見事に失敗しました( ´ ▽ ` )ノ
息子、キョトンという感じで。

次にトイレ。
こちらは成功!
後ろから抱えて便座に座らせます。
腰が痛くてギブアップする寸前、おしっこをしてくれました!

そして、おまるを購入しました。
トイレまで連れて行くのが結構面倒だというのと、授乳おまるがやりたくて。

こちらはお手軽で、授乳おまるも何度か成功。
うんちは、二日出てないときに綿棒で刺激してから座らせました。
すると、がんばって出してくれました。

そしてしばらく寒かったのもあり、すっかりおまるはインテリアと化していました(-。-;

で、最近暑い日もあったりしたのをキッカケに、またおむつなしを始めました!

といっても、朝の寝起きの授乳おまるのみ(。-_-。)
これは100パーセント成功!
大量に出ます。

さてさて、これから暑くなると、おむつなし育児をしやすくなりますね。
私ももっとトライしようと思っています。
トイレでできるようになれば、とっても楽だし♪( ´▽`)
楽しむぞー!
スポンサーサイト
なぜ私が布おむつ育児を始めたかというと、ふと本屋で見かけた雑誌の表紙にあった
「おむつなし育児」
という言葉にかなり興味をもったからです。

巷で話題のおむつなし育児。
関連本や雑誌の特集などありますが、一体どういうものなのか。
初めてこの言葉を見たとき、
え、おむつなし!?
すっぽんぽん!?
それとも赤ちゃんなのに普通のパンツはいちゃうの!?
漏らすに決まってる!
何てことが流行ってるの!?
…と思いました。

おむつなし育児とは、赤ちゃんがトイレに行きたそうなとき、オマルに座らせる、もしくは一緒にトイレに連れて行く、そして排泄、というのをやってみましょうというものだそうです。
つまり、普段はおむつをしっかりはいていてもいいわけです。
布おむつのほうが、おむつが濡れる感覚がつかめるのでいいそうですが、紙おむつでもチャレンジできるようです。
しかもこれ、首が座る前からでもできるとか。

健診で会った同期の子が実践しているとのことで、おむつなし育児について聞いてみました。

生まれたばかりのころは、赤ちゃんのそばにずっといるので、赤ちゃんを観察するチャンスだそう。
ただ、この頃は始終おしっこやらうんちやらするので、布おむつの交換だけでも大変!
かなり辛かったそうです…。
その後もう少し落ち着いてくると、わかるんですって。
あれ、今がするタイミングかな?
というのが。
うまくいくとトイレで排泄してくれて、ジャーッと流して終了なので、すっごく楽!

これって意外と手軽。
まずは一日一回、授乳の前などに試してみるところからチャレンジできるので簡単!
そして、運良くできればエコ。
紙おむつの枚数が減ったり、布おむつを洗う回数が減ったり。
ただし、おむつはずれを早くするために…と考えてばかりだと、うまくいかなかったときのダメージが大きくなる!
これはあくまでも、赤ちゃんとのコミュニケーションのひとつ。
その気持ちを忘れずにやるといいみたいです。

同期の子は、外出時と夜は紙おむつ、それ以外は布おむつだそうですが、健診では布おむつでした。
しかも、健診の会場でうんちをしたらしいのですが、本当に手際良くおむつ替えしてました。
そこまで私には無理かもだけど、チャレンジしてみたい。
そう思って始めてみたわけです。

ちなみに、布おむつだとおむつはずれが早くなると言いますが、
昼は布おむつで育った私。
おむつが濡れてもそれを不快にも思わず、
替えてくれと訴えるわけでもなく、
のん気にマイペースに過ごし、
二歳下の妹と、しばらく仲良くおむつをしていたそうな。
そういう場合もあるのね。
2012.05.21 バムウェア
友人からプレゼントしてもらいました。
シンガポールのポケット式布おむつ、バムウェア!
かわいいっ(((o(*゚▽゚*)o)))


☆いいところ☆
・ワンサイズ
・生地が柔らかい
・生地もインサーツもふっかふか
・デザインがかわいい
・ゴムがとても柔らかく、あとがつきにくい

★ちょっと残念★
・がっつり防水なので蒸れそう
・撥水の心配がある
・ポケットからインサーツが出ちゃうのか、夜の使用で必ず漏れる
・スナップが取れないか不安

◎バムジーニアスとの違い◎
・バムジーニアスはベルクロで、バムウェアはスナップ
・バムウェアの方が内側のフリースがふかふか(そのせいか、夜大量のおしっこのあとだとあまりサラッとしません…)

バムジーニアスよりもしなやかな感じがします。
本当にふっかふかなので、初めて触ったときは感動しました!
内側のフリースはカラーなので、かわいい反面うんちの状態は見にくいのかもしれませんね。

防水もしっかりで、外側の生地はビニールのようでもありますが、シンガポールのおむつなので蒸れにくいように考えられているのでしょうか…。

ちなみに、ふっかふかのインサーツは日本では取り扱っていないそうで、直接シンガポールから取り寄せないといけないようです。

私は夜の使用で何度も大変な思いをしたので(。-_-。)、外出用になると思います。

せっかくかわいいので、見せおむつしたいところです(o^^o)
遅くなりましたが、バムジーニアスのレポです。

初めてのポケット式!
初めてのワンサイズ!
感動しました( ´ ▽ ` )ノ


☆いいところ☆
・内側の生地がサラッサラ
・ベルクロなので簡単装着
・背中のポケットにふたがついているので、吸収体がはみ出さないので背中から漏れにくい

・吸収体が長いので、スナップで折ったりできる。つまり、厚みを出したい部分に出せる
・ワンサイズなのでずーっと使える

★ちょっと残念★
・何だかかさばる
・通気性なし

暑い日以外の夜用に重宝しています。
かさばるのはワンサイズだから当たり前かも。
でも、バムウェアと比べると、少し生地が固いかもしれません。
本当にぴったりフィットするので、漏れない分暑そう…と心配になることも。
なにはともあれ、用途を限定すれば本当に使いやすいと思いますよ!
結構好きかも…(^_^)
フィット型の布おむつ、注文したものが届きました!
といっても、写真はまだ撮っていません…(ーー;)

フィット型の布おむつとは、見た目はカバーなんだけど、それ自体が吸収体なんです。
防水なしなので、漏らしたくないときはカバーをつけなくてはなりません。

はっきりいって、ちょっと前まで私的にはナシ、でした。
だって、日本には合わないと思って。
こんなに多湿な日本では、やはり乾きやすさ重視。
輪おむつは、そんな日本にぴったりのおむつです。
さらに、それだけで回そうとしたらかなり枚数必要だし、お金かかるし。
だから、ノーマークというか、何に使うの?という勢いでした。

ではなぜ買ったのか。
それは、気持ち良さそうだから!

夏に向けてどうしようか悩み、おむつ屋さんに相談した時のこと。
フィット型の布おむつに、輪おむつを敷いてカバー使いできますよ、とのことでした。
通気性も言うまでもなく抜群。
トレパンとしても使えるから、実はかなり経済的。
さらに、夜のおむつとしても頼れそう
…。

そんなわけで購入したのが、マザーイーズのワンサイズ&サンディーズとディサナ。
後ほどレポしますが、第一印象は
ふっかふか*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*
こんなにいいおむつに輪おむつを敷くなんてもったいない!
これだけで過ごさせたい!
本気でそう思いました。

詳しくはまた後で。
何度か使ってみまーす!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。